忍者ブログ

2007-06-25(Mon)

無限地獄

はい。電算室です。
今日は何が起きるのでしょうか。

よく、プログラミングで「ループする」という言葉を使います。
それは、プログラムで同じところをぐるぐる繰り返しプログラムが終わらないことを言います。

さて、今の私は・・・
プログラムのループではなく、仕事のループです。
やってもやっても終わらない仕事。
というより、やってもやっても増えていく案件・・・。

そして・・・・


ずいぶん前に仕様を提示してあるのに、いざ出来上がってみると、
現場から「あーしてほしい、こーしてほしい」と
文句が来る。


いつまでやっても終わりません(。、)シクシク..


この状態、しばらく続きます。


ゆえに、ブログの更新もままなりません。


でも、




でも、




おもしろいことがあったら、書きますので、




見捨てないでね。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

もちろん

2007-06-30 07:43

ループですか。大変ですね。

現場からの意見を聞いて、仕様をまとめ、プログラムを完成させても、現場から「やっぱり、こうして・・・」なんてのはしょっちゅうですね。
現場のご担当者も、決めた仕様をすっかり忘れていたり、打ち合わせ毎に仕様が変わったりと・・・・。

実際のプログラム作成よりも、現場の方を納得させる技術がとっても大切なんですよね。

また、楽しいブログの更新を、お待ちしています。

ついてる、ついてる

ありがとうございます。

2007-07-01 22:29

やはりこういうのは同業者ですね。

同じ苦労をされているのでしょう。

ある会社の電算担当の人が言っていました。

「我々は上げ膳据え膳でやっている。現場はただ提供されたシステムを使うだけ。何かがあれば、システム担当が手取り足取り教えていく。システムに関してはいかに現場を巻き込むかが重要だが、いままで上げ膳据え膳でやってきたことをいきなり線を引くのだから、現場は混乱するのは間違いない。しかも、現場の抵抗もあるだろう。しかし、それではいつかまわらなくなるだろう。だから、あえてシステム担当者は、何もしなかったのだ」


すごいです。

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

Amazon

PR

情報サービス

楽天

ソフト関連

メーカー直販PC

周辺機器

ランキング

プロフィール

HN:
NORI
性別:
男性
趣味:
車でどこへでも
自己紹介:
文学部卒業ながら、ひょんなことからシステム会社に就職。
しかしながらあまりの激務に退職。もうシステム系はいやだと思っていたが、ひょんなことから企業の電算室に勤務することとなる。

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

Google
Web ブログ内

最新CM

(07/25)
無題(返信済)
(03/16)
(04/29)
ダウンが怖い(返信済)
(04/29)
同感です(返信済)
(04/29)

アクセス解析