忍者ブログ

2007-05-05(Sat)

仕様書を書いてください。

はい。電算室です。今日は何が起きるのでしょうか。

かつてののんびりした電算とは違い、様々な制度改正の開発に追われている電算。
言えば作ってくれた帳票類も、制度改正の開発優先となるわけで、希望通り作るわけにはいかなくなりました。

そこで登場するのが、仕様書。各現場はどういう帳票を作って欲しいのか仕様書に書いて提出することになったのでした。

しかし、その約束事を守らない人もいるわけで・・・。
電話と怒号の合間をぬって、ほっと一息しているところに、再雇用されたおじ様と一緒になりました。



「おう、おめぇは一日何箱煙草を吸うんだ。」



「大体一箱ですねぇ。」


「そうかぁ、うちのかみさんがなぁ、止めろ止めろってうるさくてなぁ」


「はぁ・・・」



てな感じでたあいもない話をしていたのですが、



「でなぁ、俺は思うのよ、こんな帳票ではなくては、こういうのほしいんだよ。」






(ーー;) ナニ?コノ人?







ちなみに、その帳票とは、その再雇用されたおじ様の前任者に頼まれて作ったもの。
人が変われば欲しい帳票が変わるというのもよくある話。
しかし、その要求を受けていたら、人の数だけ同じような帳票が増えていきます。




そのおじ様、その帳票の必要性をとくとくと説いていきます。







じゃぁ、前任者のやっていたことは間違っているのか??






はっきり言って・・・・・・・・・・・・・・・・








おじ様よりももっともっと仕事していましたよ。









と、いうより・・・・・・










おじ様の仕事をしているところ、見たことありません。











端末の電源が入っているところ見たこともありません。











(メ-_-)












「な!だから今度出してくれよ」












昔の古き良き時代というか、言えばやってくれると思っているのでしょうか。
昔と今は違います。
当然、返す言葉は・・・










「仕様書書いて出してください」












その仕様書、未だに電算室に来ていません。(^_^メ)

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

おじ様

2007-05-05 07:27

おはようございます。電算の記事は面白いですね。
もしかして、そのおじ様のお仕事はいちゃもんをつけるのが仕事なのでは?(笑)
「今度からいちゃもんの内容を書類に書いて提出して下さい」って、やっぱり言えないか!(困)
  • げんちゃん
  • Edit

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

Amazon

PR

情報サービス

楽天

ソフト関連

メーカー直販PC

周辺機器

ランキング

プロフィール

HN:
NORI
性別:
男性
趣味:
車でどこへでも
自己紹介:
文学部卒業ながら、ひょんなことからシステム会社に就職。
しかしながらあまりの激務に退職。もうシステム系はいやだと思っていたが、ひょんなことから企業の電算室に勤務することとなる。

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

Google
Web ブログ内

アクセス解析