忍者ブログ

2018-11-15(Thu)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007-08-02(Thu)

FAXの間違い



はい、電算室です。今日は何が起きるのでしょうか。

アナログの通信といえば、電話、FAXがあります。IT化が進んだ現在においても、電話、FAXはビジネスの上では非常に重要なツールとなっていますが、時にはとんでもないことになってしまいます。

拍手[0回]

特にFAXですが、FAX機には通話中などによりFAXが送れなかった場合に再送信する機能があります。

しかし、それがFAX番号ではなく、普通の電話番号に送ってしまった場合、とんでもないことが起きるのです。


取引先企業にアンケートと称してFAXを一斉送信しました。そしてそのアンケートを書いてFAXで送り返していただくというもの。

当然、返していただくためのFAX番号をアンケートに記載しておくのですが・・・。


えぇ、昨今の個人情報保護法により、相手先FAX番号はよく確認するようになりました。




が、










返送先FAX番号を間違えて記載していた!












しかも
















その番号は、電算室直通電話だった!!!(-_-#)
















送った相手は52社。その52社から一斉に電算室に掛けて来ます。



しかも、FAXで。




最初は、「お?外線だ」といって、電話を取ると、







『ピー』







と鳴るので、あぁ、FAX番号間違えたのね。まぁいつかは未送信であきらめるだろうと思っていたのですが・・・。


次第にどんどん電話が掛かるように。


もう、電算室の電話はパンク状態。


とってもとっても、とった電話は、『ピー』です。



切っても切っても、再送信機能により掛けて来ます。





まったく仕事になりません。






しかも、間違えたFAX番号を記載して送った奴は・・・・

















午後から半休をとりやがった(-_-#)














どう落し前つけてくれよう。姉御と画策中である。

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

災難ですね

2007-08-05 07:18

これは、災難ですね。
多分 電算室の電話はfaxへの転送もできない様なのですね。
昔 同様な事(相手の方の間違い)があり、何回もfaxがリトライしてくるので、「ピー」って口で答えてやった事がありました。
当然 faxは???なんで、どうにもなりませんが・・。

そうそう、”音声カプラ”でしたかね?
そんなのを受話器につけるのもいいかも。
今更 どこにあるのかな?(笑)

ついてる、ついてる

Re:災難ですね

2007-08-05 21:03

えぇ、災難でした。
しかも、相手の間違いではなくこちら(同僚)の間違いなので、送った先にお詫びのFAXを流していました。それでも数日は電算の電話に「ピー」となっていました。

>そうそう、”音声カプラ”でしたかね?
>そんなのを受話器につけるのもいいかも。

懐かしいですねぇ。今知っている人いるのかな?古き良きパソコン通信をしていた人なら知っているでしょうが。そういえば、マスターキートンという浦沢直樹のマンガに一こまだけ、音声カプラという言葉が出てきます。
うーん、時代を感じる。

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

Amazon

PR

情報サービス

楽天

ソフト関連

メーカー直販PC

周辺機器

ランキング

プロフィール

HN:
NORI
性別:
男性
趣味:
車でどこへでも
自己紹介:
文学部卒業ながら、ひょんなことからシステム会社に就職。
しかしながらあまりの激務に退職。もうシステム系はいやだと思っていたが、ひょんなことから企業の電算室に勤務することとなる。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

Google
Web ブログ内

アクセス解析