忍者ブログ

2006-10-05(Thu)

プリンターのせい?

はい。電算室です。今日は何が起きるのでしょうか。

 電算というのは企業の要。裏を返せばなんでもかんでも電算のせいになります。

 昨日、原課の課長が怒鳴り込んできました。そして、今日は専務が怒鳴り込んできたのです。

 何事かというと・・・。

 なんでも、シリアルプリンターが紙詰まりを起こしたために、伝票を再発行した。

 その際に入力をミス入力し、宛先を変えてしまった。それをそのまま発送してしまったため、誤発送となってしまったのだ。

 個人情報保護法でうるさくなってしまった関係上、個人宅ではなく、あくまでも関係機関への発送にもかかわらず、懲罰委員会にかけられ、担当者は注意を受けたのだ。

 で、原因はシリアルプリンターがよく紙詰まりをおこす。そのためミス入力も発生した。よって、プリンターが悪い。プリンターが悪いということは、電算が悪い。

 むちゃくちゃな論理です。

 シリアルプリンターの紙詰まりはレーザープリンタよりも少なく、また耐久性もあります。なのにプリンターのせいにするなんて・・・。

 原課の課長は「紙詰まりを起こさないようにしろ」と言い、専務は「プリンターを換えてしまえ」と言い、さらには、シリアルプリンターではなく、レーザーにしてしまえという始末。

 無理です。

 これには係長も激怒。

 あたりまえです。

 しかもあと2年もたたないうちに新システムに移行するというのに・・・。

 システムの関係者ならそんなことは思いません。が、ここは一般企業。ねぇ、一般企業ってそんなものなんでしょうか。でしたら、そこのシステム関係者は・・・

 かわいそうです(。、)シクシク..

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プリンタは悪くない

2006-10-05 23:39

誠にへんな責任転換ですね。
大体は何でも機械のせいではなく、使われる方に問題が多いんです。大体 自分が入力したデータを確認しなくちゃね。
私の経験では、15年も前ですが、夜中に無人で印刷し、用紙が紙詰まり(JAM)したと、クレームを入れてきた、上場企業の電算の課長さんがおられました。
プリンタは、オペレータさんがいるところで、使用して戴きたいものです。

プリンタは悪くない

2006-10-06 00:13

プリンターによるクレームは多いですね。
すぐに紙詰まりを起こして印刷が全く出来ないというクレームで、行ってみると、紙詰まりした紙を無理やり引きちぎったため、紙片が残ってしまい、後から出した紙がどんどん詰まってしまい、もう固まってしまって結局メーカーのサービスを呼ぶことに・・・。
 それを「プリンターがぼろいからだ!」と怒り出す人・・・。
 機械のせいにするのは簡単ですが、電算はたまったもんではありませんよね。

システム管理者感謝の日

2006-10-06 11:56

取引先のサイトですが、”システム管理者感謝の日” なんて記事がありました。
http://www.bsp.jp/sysadminday/index.html
嬉しいかぎりです。

おぉぉ

2006-10-06 23:58

7月の最終金曜日が「システム管理者感謝の日」。
動いてあたりまえ。ちょっとでも遅いと電算係が怒られる昨今。
その裏でどれだけの苦労があろうか・・・。
一日業務が無事終わったことに感謝しましょう。

笑える

2006-10-07 19:22

pooh70h さんの10月3日の記事に笑えるサイトのリンクが張られてあります。
一度見てみたら!

えぇ。

2006-10-09 23:28

見ましたとも。爆笑!!。
だけどね、コメントをしようかと思ったら、何故か、
「不正な経由で書き込みをしようとしています」だって・・・。
なんでだろう?

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

Amazon

PR

情報サービス

楽天

ソフト関連

メーカー直販PC

周辺機器

ランキング

プロフィール

HN:
NORI
性別:
男性
趣味:
車でどこへでも
自己紹介:
文学部卒業ながら、ひょんなことからシステム会社に就職。
しかしながらあまりの激務に退職。もうシステム系はいやだと思っていたが、ひょんなことから企業の電算室に勤務することとなる。

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

Google
Web ブログ内

アクセス解析