忍者ブログ

2006-10-07(Sat)

システム管理者感謝の日

プリンターのせい?にコメントが入りました。

見ず知らずの方が見て、そして適切なコメントをしていただくことに感謝です。

その中に、こんなものがありました。コメントにもありますが、あえて本文にも掲載します。

取引先のサイトですが、”システム管理者感謝の日” なんて記事がありました。
http://www.bsp.jp/sysadminday/index.html
嬉しいかぎりです。
おぉ・・・。
こんな日が認知されれば・・・。
うれしいですが、たちの悪い人にかかると
『「システム管理者感謝の日」に感謝してやっているんだからあとはちゃんとシステムを動くようにしろ!』
と言われそうです。
一日システムを動かすことはどれだけ裏で電算が頑張っているか・・・。
会長曰く
「電算はなにをやっているかわからない」
えぇ、見えない裏では必死こいてシステムを稼動させているんですよ。
逆に電算が慌てふためいていたらとんでもないことが起きているのです。
その日無事業務が終わったことに、感謝してほしいものです。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

電算室が忙しかったら?

2006-10-07 23:55

”会長曰く 「電算はなにをやっているかわからない」”
まぁ、よく経営層や他部署の方が言われる言葉ですね。
誰もいなくても、コンピュータが勝手に処理していると思われているんです。
問題なんか起きない様に、色々と気を配っているのが分かっておられない。
どっかの銀行みないなシステム・トラブルなんかは、何処で起きても不思議でないんですけどね。

私のお付き合いのある企業さんは、大手の自動車関連の会社が多いんですが、レガシーシステム(旧汎用機)の基幹系のご担当は、みなさん 40歳台で後輩はオープン系やネットワーク系ばかりの様です。レガシーシステムでの、開発は少なくなりましたが、多くの基幹系システムが稼動しているのに、後輩をいれずに、全てが分かるのが、おっさん達では、非常に不安です。

電算室が忙しいかったら、それは、基幹業務が止まってしまった事で、会社の業務処理の全てが行えなくなった事を、ご理解戴きたいものです。

まぁ、どの部署も必要ですけどね。

感謝、感謝です。

汎用機は・・・。

2006-10-09 23:32

今や汎用機使いの不足は深刻化しています。
という私も汎用機はこの職場に来るまでは使ったことがなかったのですが、幸いにしてCOBOL使いだったのでなんとかやっています。
しかし、私が来るまで10年以上も電算要員を補充していなかったという悪影響が出て、システム全体を知っている人が異動になってしまった元電算の人のみというから驚きです。
経営者は「機械がやってくれる」という思い込みがあるらしく、さらに電算要員を減らそうと画策中。

なんでもそうですが、ディフェンスが弱いと思わぬところで点を入れられてしまうということに気がつかないのでしょうかね。

共感してくれる人がいてくれて感謝です。

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

Amazon

PR

情報サービス

楽天

ソフト関連

メーカー直販PC

周辺機器

ランキング

プロフィール

HN:
NORI
性別:
男性
趣味:
車でどこへでも
自己紹介:
文学部卒業ながら、ひょんなことからシステム会社に就職。
しかしながらあまりの激務に退職。もうシステム系はいやだと思っていたが、ひょんなことから企業の電算室に勤務することとなる。

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

Google
Web ブログ内

アクセス解析